伊達市

種類豊富な野菜などを生み出す武士が開いたまち

明治3(1870)年に仙台藩一門亘理領主伊達邦成とその家臣達の集団移住で開拓した歴史を持つ伊達市。北海道内でも雪が少なく、四季を通じて気候が塩暖なことから「北の湘南」と呼ばれています。
市内には大型ショッピングセンターや商底街、各種施設が集まる「コンパクトシティ」を実現。メインストリートは「歴史街道」や「フロンティア街道」と名付けられ、街並みが整備されています。人口およそ3.5万人が暮らしています。
産業面では、農業や水産業などの第1次産業を柱に、さまざまな産業が展開されています。農業は、特に野菜が中心で稲作・畑作・酪農・畜産などが展開し、水産業では、ホタテ貝の養殖を中心に秋サケ漁などが盛んです。

伊達市公式HP:
https://www.city.date.hokkaido.jp/
NPO法人だて観光協会HP:
www.date-kanko.jp/